フッ素と強い歯

歯の質を強くする物質がフッ素です。

むし歯は、酸によって
歯のカルシウムが溶かされた状態をいいますが、
フッ素はこれを防ぐ働きをしています。

現在ではむし歯予防のために、
フッ素を応用することが広く浸透しています。

その1つが、歯にフッ素を塗る
フッ化物歯面塗布です。

2つ目は、フッ素を溶かした水溶液で
うがいをする、フッ化物洗口です。

また、セルフケアとして効果的なのは、
フッ化物配合歯磨剤を使用することです。

フッ素イオンが、
歯の再石灰化を促進して歯質を強化し、
むし歯の発生を防ぐ効果があるのです。

世界保健機構(WHO)でも、全ての人々に
フッ化物配合歯磨剤の使用を推奨しています。

(日本歯科医師会小冊子 歯の学校 vol.48 より)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page