入れ歯が汚れていると…

不衛生な入れ歯を使い続けていると、
汚れの影響で歯グキが炎症を起こしたり、
口臭が発生したりします。

また、部分入れ歯の場合は、
金具のかかっている歯に汚れがたまり、
虫歯や歯周病を引き起こします。

特に介護の必要な方や、
体力の低下している方は、汚れが誤って肺に入り、
”誤嚥製肺炎”を起こしやすくなります。

入れ歯を外して、きちんと清掃する習慣をつけましょう。