往診に行って考えた

口腔ケアステーション鈴鹿から依頼があり
往診に行ってきました。

高齢の認知症の方で
入れ歯の調子が悪いみたい。
意思の疎通が難しく、
本当の所はわからない。

お口の中を拝見すると、
歯ぐきに傷などはなかったので一安心。

少し歯ぐきが出っぱっている部分があったので、
入れ歯を削って調整し、
歯ぐきに当たらないようにました。

往診で簡単な入れ歯の調整は可能です。

しかし、意思疎通が難しいと
入れ歯全体の調整や、
新しい入れ歯を作ることはできません。

まだまだ高齢化社会が進むでしょう。
認知症で入れ歯をお使いの方は、
早めに、歯科医院に通えるうちに、
入れ歯をしっかり調整するか、
新しい入れ歯を作りましょう。