むし歯・歯周病じゃない歯の痛みの原因

歯が痛い場合、まずは検査をすると
むし歯や歯周病、親知らずが原因ならすぐにはっきりします。

「痛いけどむし歯じゃないんですか」と
言われる方もみえますが、
痛いくらいのむし歯ならすぐにわかります。

いろんな検査をしてもなかなかはっきりしないけど、
ジーン、ドーンとした違和感を訴える方が多くいます。

歯ぎしり・食いしばりやTCH(上下歯列接触癖)など
歯に力がかかっていることが痛みの原因のひとつです。

歯の接触時間は1日20分と報告されています。
食事や会話のときに瞬間的に上下の歯が当たるだけで、
上下の歯は離れている状態が普通・正常なのです。

歯に持続的に力が加わると、
歯や歯ぐきの血管や神経が圧迫されて、
痛みや知覚過敏、かみ合わせの違和感を感じます。

「そんなに噛んでないよ」
「口を開けて寝ているけど」
とよく言われるのですが、
日中の無意識の時や寝ている時なので、
自分ではなかなかわかりません。

歯ぎしりはその名の通り、
ギリギリと音がするので他の人にはわかります。
食いしばりや噛みしめは音がしないので、
他の人にはわかりません。

歯ぎしり、食いしばりは
大きな力がかかるので、長くは続きません。

一方、TCH(上下歯列接触癖)は
無意識に、噛むと言わない程度の弱い力で
長い時間、上下の歯が接触することで、
症状が出現します。

弱い力でも持続的に力をかけるづけると痛くなるのです。
筋肉をずっと使うので、顎の疲れ、肩こり、頭痛を
訴える方も多くみられます。

歯にかかる力が原因で、
歯の治療物が外れたり壊れたりするのは
まだいいほうで、
自分の歯が割れたり、抜歯になることもあります。

日中、歯を意識的に離すようにすると
歯ぎしり、食いしばりが減ると言われています。

歯を離しておけば自然に痛みがなくなる方も多いです。
ガムやグミをやめてもらうと治った方もみえます。

どうしても力がかかりすぎる場合は、
マウスピースを作って歯を守りましょう。

ナイトガード

つめ物がよく外れる、
という方も多くおられます。

むし歯になって外れたり、
咬む力によって外れることも多いのです。

そんなに咬んでないけど、という方が多いのですが、
ご自身ではなかなか気づきません。

歯が直線的にすり減っていたり、
朝起きた時の顎や歯の違和感、
日中、仕事中の歯の接触癖で
頬や舌に歯型がついていたりすると、
咬む力が過大にかかっている可能性大です。

何回もつめ物・かぶせ物が外れてくる方は
ナイトガード・マウスピースを使ってみて下さい。

高価な治療後の方にもおすすめしています。

歯にかかる力

歯にかかる力で、
歯や顎が悪くなる方が
最近特に多く、
昔の本を読み返す。

力の本

日常生活のなかで上下の歯を噛み締めていないか、
ご自身で注意してみてください。

歯の噛みしめや食いしばりは
歯や顎に非常に大きな負担をかけます。(P.62)

硬い食べ物が歯によいのは、
せいぜい成長期の数年間のみである。

その時期をすぎたら、硬い食べ物を強く噛むことは
かえって歯にとっての脅威となる。(P.25)

歯にかかる力で歯が痛む・しみるのを
なかなかわかってもらえない方や、

そんな噛みしめてないよと言われる方も
多いのですが、

口の中にはいろんな証拠が残っているので、
根気よく説明・治療させて頂いてます。

歯ぎしり・噛みしめ・食いしばり

ナイトガード

歯にかかる力によって
歯や顎が痛んだり、揺れている方に
マウスピースを装着してもらってます。

多くはないのですが、
マウスピースが割れてくることも。

寝ている間の
歯ぎしり・噛みしめ・食いしばりは
自分ではわかりにくいです。

「自分はやってない」と
言われる方も多いのですが、
専門家によるとほぼ全員が
昼夜しているようです。

歯の磨り減りや頬・舌につく歯の跡、
歯グキの骨の出っ張りなどで、
強く力がかかっている方には、
マウスピースをおすすめしています。

5/27

歯グキの状態がおかしく、
歯がしみると来院されました。

160527

歯の接触による力で、
歯根が折れてしまったようです。

歯の揺れもあり、
残念ながら抜歯となりました。

歯の接触による負担が
歯を失う原因になっています。

リスクのある方は就寝時のナイトガードを
つけてもらってますが、

日中、昼間の自分でも気づかない、
無意識の歯の接触が長時間になると、
歯や顎関節の異常をきたします。

TCH予防ふせん