咬み過ぎ

「歯を食いしばって頑張る」
とはよく言ったものですが、
咬み過ぎて金属が曲がり、
歯ぐきが痛くなることがあります。

多くの方が
「いやいや、そんなに咬んでないよ」
と言われるのですが、
無意識なのでご自身では認識できません。

硬い食べ物の食べ過ぎや、
無意識の歯の接触により、
歯や歯ぐきには負担がかかります。
日中は上下の歯を接触させない、離した状態が正常です。

寝ている時はマウスピースを装着して、
無意識の歯ぎしり、噛み締めから歯や歯ぐきを守りましょう。