歯科医が警鐘! 確実に「死」に近づく食べ物、「死」を防止する歯磨きとは?(下)(オトナンサー) – Yahoo!ニュース

食後に口の中を良好に保つことは、
生活習慣病や認知症を防ぎ、介護に依存しない
幸せなシルバーライフを迎えるための
大きなポイントになると解説します。

「ポイントは3つです。
寝る前のブラッシングで就寝中の細菌の増殖を抑えます。
デンタルフロスを使うことで歯間の歯垢を除去します。
さらに、定期受診をすることで、
異常の早期発見、早期治療はもちろん、
適切なアドバイスを受けることができます。

口腔の機能が生活習慣、食習慣と相まって
全身の健康維持に関わっているという研究成果が明らかになりました」 「異常が表れる前の『未病』状態で歯科が関与すれば、
病気の発症を未然に防げる見込みが大きくなってきたのです。
医療・福祉政策もこの方向に大きくかじを切りつつあるので、
歯科がゲートキーパーという潮流は加速していくのではないかと思います」

「歯と口の健康」がいかに大切か、改めて認識する必要性がありそうです。

情報源: 歯科医が警鐘! 確実に「死」に近づく食べ物、「死」を防止する歯磨きとは?(下)(オトナンサー) – Yahoo!ニュース

7/26

情報源: 虫歯は自己責任、全額負担を避けるために予防意識が根付くノルウェー(鐙麻樹) – 個人 – Yahoo!ニュース

ノルウェーでは歯科診療は18歳までは無料。
20歳までは公共の歯医者であれば自己負担は25%のみ。
それからは、大人は全額負担となる。

歯の病気など特別な事情の際には一部のみ自己負担となるが、
自分がケアを怠ったことによる虫歯などは全額負担。

歯科治療費に保険がきかず、
何万円も請求されることは恐ろしい。

だが、これは「歯磨き」に対する考え方に
驚異的なショックを与える。良い意味で。

ノルウェーでは簡単なつめ物が8万円だとか。

日本の保険の治療費は破格の安さですが、
健康増進になっているかは疑問。


情報源: 歯のケアをすると、なぜエリートになるか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

外見のケアをする人は幸福度が高い
「歯を見れば、その人の自己管理能力がわかる」

仕事で成功している人は、先が読める人です。
もしくは明確な目標を立てている人。

この仕事の思考や手順と全く同じことが
歯のケアにもいえます。

いずれ高齢者になっても、
入れ歯ではなく自分の歯で噛んで食事をしたい、

そのためには特に虫歯がなくても、
月に1回程度、歯垢クリーニングなどで歯科医を訪れる。

すると、歯槽膿漏の兆候や、小さな虫歯の発見につながる。
虫歯にならなくても、点検を習慣化することで、
歯を含む口腔内の健康度は確実にアップし、
外見への貢献度も高まるのです。

むし歯・歯周病ともに、
毎日、正しい方法でセルフケアすることと、
定期的な歯科医院でのケアが必須です。

インターネット初心者のための医療情報を探すコツ

 病院で診断を受けると、患者や家族は、スマートフォンやパソコンを使って治療や療養生活などの情報を一生懸命探します。インターネットによって誰でも情報発信できる時代だからこそ、どのような情報を参考にすれば…

情報源: インターネット初心者のための医療情報を探すコツ:朝日新聞デジタル