歯科医が警鐘! 確実に「死」に近づく食べ物、「死」を防止する歯磨きとは?(下)(オトナンサー) – Yahoo!ニュース

食後に口の中を良好に保つことは、
生活習慣病や認知症を防ぎ、介護に依存しない
幸せなシルバーライフを迎えるための
大きなポイントになると解説します。

「ポイントは3つです。
寝る前のブラッシングで就寝中の細菌の増殖を抑えます。
デンタルフロスを使うことで歯間の歯垢を除去します。
さらに、定期受診をすることで、
異常の早期発見、早期治療はもちろん、
適切なアドバイスを受けることができます。

口腔の機能が生活習慣、食習慣と相まって
全身の健康維持に関わっているという研究成果が明らかになりました」 「異常が表れる前の『未病』状態で歯科が関与すれば、
病気の発症を未然に防げる見込みが大きくなってきたのです。
医療・福祉政策もこの方向に大きくかじを切りつつあるので、
歯科がゲートキーパーという潮流は加速していくのではないかと思います」

「歯と口の健康」がいかに大切か、改めて認識する必要性がありそうです。

情報源: 歯科医が警鐘! 確実に「死」に近づく食べ物、「死」を防止する歯磨きとは?(下)(オトナンサー) – Yahoo!ニュース