歯周病×糖尿病

歯周病は糖尿病の第6の合併症

糖尿病にかかっている人はそうでない人と比べて、
重度の歯周病になるリスクが3倍も高いといわれています。

また、歯周病菌やその毒素などが血管から体に入ると、
インスリンが働きにくい体の状態を高めて、
糖尿病を悪化させる可能性があります。

糖尿病患者が歯周病を治療すると
血糖値が下がったという報告もあるほど。

積極的な歯周病予防を心がけましょう。

(HAPPY SMILE Vol.14より)