乳幼児の虫歯…唾液から、菌の感染防ぐ

歯を脅かす虫歯をつくるのがミュータンス菌。
口にすみ着いた菌は、砂糖を分解して酸を生みだす。

この酸が歯を溶かして虫歯をつくる。
菌は唾液1ミリ・リットル中に1万~100万個も生息しているとされる。

歯を菌から守るには、どうすればよいのか。

菌は歯が生える前の赤ちゃんには存在しないため、
まずは感染を防ぐことがポイント。

菌は唾液から感染するため、
菌を持つ家族からの食べ物の口移しや、
スプーンの共有などに注意したい。

感染しやすいのは、乳歯が生えそろう生後19~31か月。
感染すると、乳歯の奥歯の隣に生える最初の永久歯に菌がうつり、
虫歯が広がる。

このため、繁殖源となる砂糖を含む食物をなるべく控え、
奥歯を中心に、大人が丁寧に仕上げの歯磨きを手伝い、
菌の定着を防ぎたい。

子供も大人も感染してしまった時は、
菌の数を減らすことで、虫歯ができるのを防ぐ。
「虫歯は自然に治癒しない。予防と早期の治療が大切」。

引用元: 乳幼児の虫歯…唾液から、菌の感染防ぐ
(読売新聞(ヨミドクター)) – Yahoo!ニュース