抜歯の原因

抜歯の原因は、
歯周病、むし歯、歯の破折の順になっています。

抜歯は65~69歳で多く、
抜歯全体の45%は、60~80歳に行われています。

むし歯や歯周病は、
歯のお手入れや生活習慣の改善と
定期検診・予防処置で防ぐことができます。

最近は歯が多く残るようになってきたので、
歯が割れて抜歯になることが多く感じます。

日中の歯の接触を避けて(食事以外)、
寝るときはマウスピースをつけることを
おすすめする方も増えています。