顎関節症

今日の健康

顎関節症は顎の関節だけでなく、
頭や首筋、肩などの症状を引き起すことがあります。

痛みのある顎関節症の50~70%が
TCH(上下の歯を接触させる癖)があると言われています。

ためしてガッテン

上下の歯が長時間接触しているのは、
よくありません。

普段何もしていない時は
上下の歯が少し離れている状態が望ましいです。

力を抜いて意識的に上下の歯を離すようにすると、
筋肉の緊張が少なくなり、
顎関節症の症状が改善することがあります。