歯の本数、健康に比例

脳神経疾患の人ほど残り少ない傾向
 
アルツハイマー病など脳神経の疾患を抱えている高齢者ほど、
残された歯の数が少ないことが県歯科医師会の調査でわかった。

同会は「健康を維持するためには、歯を大切にし、
しっかりかんで食べることが大切」と呼びかけている。

食べ物をよくかむと、脳の血管が刺激されて血流量が増えるため、
脳細胞の働きが活発化され、認知症予防につながり、
つばに含まれる老化を抑制するホルモンの分泌も多くなるという。

調査では、歯が多く残っている人ほど
身体の病気に費やす医療費が少ないこともわかった。

(2009年4月23日 読売新聞より抜粋)

 

今日の頂き物
おいしい!!ありがとうございます ( ´∀`)つt[]
えひめ つぶみかんいよかん混合ジュース