医療・農業が焦点に 規制改革会議、議論に着手  :日本経済新聞

「日本は先端医療の優れた技術があるのに実用化までが長すぎる」と指摘。
臨床試験の期間短縮、保険外診療と保険診療を併用する混合診療の改革に意欲を示した。

医療・農業が焦点に 規制改革会議、議論に着手
日本経済新聞

国民を守る保険診療を否定するつもりは
全くないのですが、
保険診療は必要最低限の医療なので、
最良の治療とは違います。

保険診療は、
どこでも、だれでも安価で等しく受診でき、
決められた方法・材料に制限され、
誰が診療しても同じ費用です。

しかし、最近は歯への要望が高くなり、
保険ではできない治療も多くあります。

かといって、財政難のため、
良い治療が保険でできるようになる可能性は少ないでしょう。

TPPで医療分野にも大きな変革がおこるかもしれません。
混合診療の改革もその一つなのでしょうか。

なるべく治療しないですむように、
普段からの予防、健康管理が一番ですね。