歯を失う原因

抜歯の原因 

歯を失う原因は
”歯周病”が41.8%、
”むし歯”が32.4%。

歯周病は40~50代で発症する病気と思われがちですが、
実は20代から進行し30代で急増します。

歯周病は自覚症状が少ないまま進行します。
歯周病にならないためには、若い時から早めに
予防対策を開始することが大切です。