骨粗しょう症と口の健康

骨粗しょう症患者さんは
口腔内のケアが大切です。

骨粗しょう症の患者さんは、
歯を支えている骨が弱くなったり、
歯の周りの組織に炎症が起こりやすくなるため、
歯周病になりやすいことがわかっています。

歯周病が悪化すると、
顎の骨にも炎症が広がり、
顎骨骨髄炎や顎骨壊死がみられることがあります。

顎骨骨髄炎・顎骨壊死を予防するには
適切な口腔ケアにより口の中を清潔に保ち、
口腔内の感染を防ぐことが重要です。

骨粗しょう症患者さんの口腔ケアのポイント

○口腔内を清潔に
 ブラッシングなどで口腔内を清潔に保ちましょう。

○歯科の受診
 骨粗しょう症治療を始める前に歯科を受診し、
 歯の治療を済ませておきましょう。

 骨粗しょう症治療中は、
 3ヶ月に1度は歯科で歯や歯ぐきのチェック、
 ブラッシング指導、歯石の除去などを受けましょう

○歯科医への相談
 歯科受診時には、骨粗しょう症の治療中であることを
 歯科医へ伝えましょう。