瞬間接着剤

壊れた入れ歯を修理する時に、
仮止めするのに使います。

技術職の方で、たまに歯科医顔負けの技術で
自分で修理される方もみえますが、
一般の方はおやめください。

一旦はくっつきますが、衝撃と熱で壊れます。
誤った位置で修理すると、再度の修理が難しくなります。

接着剤だけでは十分な修理はできません。
一度壊れた入れ歯は必ずまた壊れます。

入れ歯をお預かりすると、
歯科技工所でのしっかりした修理が可能です。

入れ歯がお預かりできない場合は、
歯科医院で直接修理をして、
再度壊れないうちに、
新しい入れ歯をつくりましょう。

入れ歯の保管

入れ歯をなくされる方が最近多いです。

ティッシュペーパーにくるんで紛失される方が
多くいらっしゃいました。

ティッシュごと捨ててしまうのでは
ないでしょうか。

入れ歯は専用のケースで保管することを
おすすめします。

入れ歯を作る場合は、
前回作ってから6ヶ月経っていないと、
保険で作ることはできませんので
ご注意ください。

※災害・事故・認知症などの場合を除きます。

入れ歯

入れ歯が多くなってきました。

入れ歯を作るのは本当に難しいですが、
歯科技工士さんに上手に作ってもらえるので、
評判が良くてありがたい。

新しい年を新しい入れ歯で
調子よく過ごしてもらえると嬉しいです。

総入れ歯

総入れ歯について勉強。

歯ぐきが痩せていると
どうしてもうまくいかない場合もありますが、
少しでも良い入れ歯を作りたいと考えています。

難抜歯

歯周病などでグラグラになった歯は、
抜くのは簡単です。

それに対し、むし歯で悪くなった歯は、
ボロボロと崩れてきて、
抜くのがすごく大変な時があります。

歯を抜くのに
周りの骨を削って抜くのですが、

骨が少なくなってしまって
その後の入れ歯やインプラントに
不利になる場合があります。

無理に残すのではなく
将来のことも考えて、
早めに抜歯するのも
ひとつの手段と言えるでしょう。