根管治療

根管治療

3/8

歯はまっすぐしていると思われがちですが、歯の根っこは曲がっていたり、複雑な形態をしていることがあります。 むし歯が大きくなると歯根の先まで神経を取る処置が必要になるので、治療前や治療後のレントゲンで確認する必要があります。
ブラキシズム

歯が割れる

むし歯が大きすぎたり、歯がぐらぐらになると、抜歯になります。 それに引き続く抜歯の原因の第3位は歯が割れてしまうことです。 「歯が割れることなんてあるの?」と言われる方も多いのですが、今日だけでも3名みえました。 共通す...
根管治療

6/3

特に下の奥歯の治療の時は唾液が入りやすいので、治療する歯だけを露出するようにゴムシートをつけて診療する場合があります。 一番の目的は歯の中が細菌で汚染されないようにするためです。 この方法はラバーダム防湿といって、以前...
根管治療

ファイバーポスト

神経を取った歯は折れやすくなるので、歯に芯棒を入れて、かぶせ物やつめ物を入れます。 以前は金属の芯でしたが、グラスファイバーを使った芯も保険適用になっています。 グラスファイバーは弾性があり、金属の芯より歯の破折が少な...
根管治療

本日の根管充填

歯の神経の治療後はレントゲン撮影をして確認します。 歯の先まで樹脂が入っているのが望ましい状態です。 特に歯の神経の治療は、細菌が中に入っていかないようにする必要があります。 治療中は仮のフタをするのですが、あま...
根管治療

1/18

神経の治療を受けた歯は、健康な歯に比べて折れやすくなります。 折れた歯にはかぶせ物を入れるのですが、その前に神経の治療がしっかりしてあるかをレントゲンで確認します。 今回は自覚症状はないものの、歯根の先(黃線部)に化膿...
根管治療

6/17

名古屋にて根管治療の講習会。
Call Now Button
タイトルとURLをコピーしました