1/18

神経の治療を受けた歯は、
健康な歯に比べて折れやすくなります。

折れた歯にはかぶせ物を入れるのですが、
その前に神経の治療がしっかりしてあるかを
レントゲンで確認します。

今回は自覚症状はないものの、
歯根の先(黃線部)に化膿があったので、
神経の治療をやり直しました。

古い汚染された治療剤を除去するのがなかなか大変。
セコセコと手間をかけて治療しています。

治療中に「時間がかかるなぁ」と
思われる方も多いと思うのですが、
この歯が将来的に長持ちするように
できるだけの治療をしています。

治療後は歯根の先までピッタリ
治療剤を入れることができました。

歯根の先の化膿が治るのは、
レントゲンでしか確認できませんが、
数年かかると言われています。

この後、症状がなければ
また細菌が入らないように
かぶせ物を入れる予定です。

3/3

むし歯菌が歯の神経に達して、
歯グキに膿がたまっていた方。

狙ってはできませんが、
運良く枝分かれの所まで、
樹脂をつめることができました。

11/5

今日は、むし歯がかなり進んで
歯の神経までむし歯菌が達しており、
歯の神経を取る治療が多かったです。

自覚症状が出てからでは遅いので、
定期的な検診、クリーニングに
来られることをおすすめします。

原因があって悪くなるので、
歯の清掃方法や糖分摂取など
改善していただかないと、
またむし歯になってしまいます。

お口の健康を長く維持するには
治療を受けられる方の協力が必要です。

%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%81%95%e3%82%9302

7/4

目で見えない所をチェックするのに、
レントゲンを撮らせてもらってます。

image

下の奥から2番目の歯。

長い金属が入っていて
治療が難しかったけど、

歯根の先の化膿した黒い部分が、
だいぶ少なくなってきました。

少しでも歯の寿命が
長くなるとうれしい。

電気的根管長測定器

歯の神経の治療は、
歯の先端までお掃除しないといけません。

昔の先生は感覚でわかるらしいのですが、
僕には全然わからないので
機械に頼っています。

EMR

電気的に歯の長さを測り、
歯根の先端から0.5mmの所まで
清掃するようにしています。

機械がピッ、ピッと鳴って
器具が歯の先端に近いことを
知らせてくれます。

異常ではないのでご安心ください。

1/9

ラバーダム防湿

特に下の奥歯など、
唾液がつくと
細菌に汚染されるので

ゴムシートによる保護をして、
歯根の治療をしています。

無菌的な歯根の治療には欠かせない、
ラバーダム防湿という方法です。

昔は保険で100円ほど(もちろん赤字です)、
今では保険点数がなくなっています。

写真でわかるラバーダム防湿法