むし歯

むし歯の穴を修復するのは、
歯科医院での治療です。

一方、毎日の生活の中で、
糖分の摂取に注意したり、
適切なお手入れでお口の中の細菌を減らしたり、
フッ素による予防で、
むし歯を防ぐことができます。

歯科医院でむし歯の治療を繰り返しても、
歯が良くなるわけではありません。

生活習慣を変えることで、
むし歯を作らない・進行させないことが重要です。

つめ物・かぶせ物の下のむし歯

むし歯の診査には、
目で見る検査とレントゲン検査があります。

目で見て歯の表面に穴があいてないか、
変色してないかを調べ、

レントゲンを撮って、歯の中でむし歯が進行し、
歯が溶けていないかを調べます。

ただし、大きいつめ物・かぶせ物が入っていると、
目で見て、レントゲンを撮っても小さなむし歯はわからない場合があります。
つめ物・かぶせ物を外さないと見つけられないむし歯があります。

治療した所はいつか必ず再治療が必要になります。
自分の歯を長く持たせるには、
毎日のケアと定期的な歯科医院でのケアが必要です。

難抜歯

歯周病などでグラグラになった歯は、
抜くのは簡単です。

それに対し、むし歯で悪くなった歯は、
ボロボロと崩れてきて、
抜くのがすごく大変な時があります。

歯を抜くのに
周りの骨を削って抜くのですが、

骨が少なくなってしまって
その後の入れ歯やインプラントに
不利になる場合があります。

無理に残すのではなく
将来のことも考えて、
早めに抜歯するのも
ひとつの手段と言えるでしょう。

2/6

むし歯を長い間放置されていて、
すごく痛むと来院された方。
しかも親知らず。

何とか痛みだけでも
止めてあげようとするが、
ぜんせん麻酔が効きませんでした。

歯や歯グキの炎症がひどくなると
麻酔が効きにくくなります。

早めに来院して頂いたほうが、
楽に治療できます。

マタニティ歯科の重要性

妊娠による女性ホルモンの増加により、
一時的な歯肉の腫れがみられることがあります。

重度の歯周炎になると
早産や低体重児出産のリスクが高まると
報告されています。

妊娠前期にはつわりによる嘔吐で
酸蝕歯になることがあり、
栄養不足で赤ちゃんの歯の形成が
阻害される場合があります。

吐き気などの症状がみられる場合は、
下を向いて前かがみになり、
だ液をためないようにして、
ブラッシングしましょう。

妊娠後期には食事は少量で回数が増えるようになり、
口腔内の環境が悪化しやすくなります。

お母さんのむし歯、歯周病菌が赤ちゃんにうつるので、
お母さんご自身の口腔ケアがとても大切です。

妊娠5~8ヶ月は一般的な歯科治療も可能で、
主治医の許可があれば親知らずの抜歯も可能です。

鈴鹿市の妊婦健診が始まり、
健診を受けられる方が増えてきました。
ご自身と赤ちゃんのためにご来院ください。