1/18

神経の治療を受けた歯は、
健康な歯に比べて折れやすくなります。

折れた歯にはかぶせ物を入れるのですが、
その前に神経の治療がしっかりしてあるかを
レントゲンで確認します。

今回は自覚症状はないものの、
歯根の先(黃線部)に化膿があったので、
神経の治療をやり直しました。

古い汚染された治療剤を除去するのがなかなか大変。
セコセコと手間をかけて治療しています。

治療中に「時間がかかるなぁ」と
思われる方も多いと思うのですが、
この歯が将来的に長持ちするように
できるだけの治療をしています。

治療後は歯根の先までピッタリ
治療剤を入れることができました。

歯根の先の化膿が治るのは、
レントゲンでしか確認できませんが、
数年かかると言われています。

この後、症状がなければ
また細菌が入らないように
かぶせ物を入れる予定です。

むし歯

むし歯の穴を修復するのは、
歯科医院での治療です。

一方、毎日の生活の中で、
糖分の摂取に注意したり、
適切なお手入れでお口の中の細菌を減らしたり、
フッ素による予防で、
むし歯を防ぐことができます。

歯科医院でむし歯の治療を繰り返しても、
歯が良くなるわけではありません。

生活習慣を変えることで、
むし歯を作らない・進行させないことが重要です。

つめ物・かぶせ物の下のむし歯

むし歯の診査には、
目で見る検査とレントゲン検査があります。

目で見て歯の表面に穴があいてないか、
変色してないかを調べ、

レントゲンを撮って、歯の中でむし歯が進行し、
歯が溶けていないかを調べます。

ただし、大きいつめ物・かぶせ物が入っていると、
目で見て、レントゲンを撮っても小さなむし歯はわからない場合があります。
つめ物・かぶせ物を外さないと見つけられないむし歯があります。

治療した所はいつか必ず再治療が必要になります。
自分の歯を長く持たせるには、
毎日のケアと定期的な歯科医院でのケアが必要です。

難抜歯

歯周病などでグラグラになった歯は、
抜くのは簡単です。

それに対し、むし歯で悪くなった歯は、
ボロボロと崩れてきて、
抜くのがすごく大変な時があります。

歯を抜くのに
周りの骨を削って抜くのですが、

骨が少なくなってしまって
その後の入れ歯やインプラントに
不利になる場合があります。

無理に残すのではなく
将来のことも考えて、
早めに抜歯するのも
ひとつの手段と言えるでしょう。