妊娠中・授乳中の歯科治療

最近、妊娠中の歯のトラブルが多いです。

5~8ヶ月の安定期であれば、
通常の歯科治療は可能です。

妊娠初期や後期は
歯科治療は避けましょう。

どうしても、という時は、
産婦人科の先生と相談して
治療を進めていきます。

妊娠中・授乳中に内服できる
痛み止め・化膿止めも用意してありますが、
できたら飲まずに済むといいですね。

レントゲン撮影も問題ないのですが、
急な症状がない限りは、
撮るのを控えています。