プラークでがんリスク上昇

歯垢の長期にわたる付着、
がんで早期に死亡するリスク上昇か – Bloomberg
.

歯垢が付着した状態が
長期にわたって継続すると、

がんで早期に死亡するリスクが
高まる可能性があるとの研究報告が、
英医学誌に掲載された。

歯垢は細菌でできており歯の表面を覆っている。
虫歯や歯肉炎の原因になるとみられている。

歯垢の毒素が血液中に侵入し
体内の他の部分に広がる可能性があると指摘した。