X線

歯科でのレントゲンは、
アゴ全体を見渡す大きなものと、
数本の歯を観察する小さなものがあります。

パノラマ

大きなレントゲンでは、
歯周病や大きな虫歯、額関節、嚢胞、腫瘍などを診断します。

 
デンタル
 
小さなレントゲンでは、
詳しい虫歯の状態、歯の周りの状態、
歯の根を治療した後などの確認に使います。

目に見えない部分の、
詳しい診断、適切な治療のために
レントゲン撮影はかかせません。

萬代歯科では、
どちらのレントゲンもデジタルを導入しました。
従来よりも被爆量が抑えられております。