入れ歯が壊れたら…

入れ歯の劣化やお口の中の変化、
硬い食べ物の噛みすぎ、
落としてしまった、
などで入れ歯が壊れることがよくあります。

瞬間接着剤で一時的にはくっつきますが、
咬む力や熱に弱いので、長くはもちません。
接着剤の厚みで修理が困難になるので
おやめください。

入れ歯が破損した場合は、
すぐにご連絡ください

可能な場合は修理し、
修理が無理な場合は、
入れ歯を新しくつくりましょう。

ヒビが入った場合は、
壊れる前触れなので、
修理や新しく作るのがよいでしょう。