ブログ

つめ物・かぶせ物の下のむし歯

むし歯の診査には、
目で見る検査とレントゲン検査があります。

目で見て歯の表面に穴があいてないか、
変色してないかを調べ、

レントゲンを撮って、歯の中でむし歯が進行し、
歯が溶けていないかを調べます。

ただし、大きいつめ物・かぶせ物が入っていると、
目で見て、レントゲンを撮っても小さなむし歯はわからない場合があります。
つめ物・かぶせ物を外さないと見つけられないむし歯があります。

治療した所はいつか必ず再治療が必要になります。
自分の歯を長く持たせるには、
毎日のケアと定期的な歯科医院でのケアが必要です。

外国人が「日本人の口臭はひどい」と思う原因

在日外国人の7割が『日本人の口臭にガッカリした』
と答えた調査もあります。

35歳以上の日本人の8割が、
口臭の最大要因になりうる
歯周病にかかっているとされていますが、

9割の日本人は『自分は歯周病ではない』
と回答するなど無自覚。認識に乖離があるのです。

日本人の歯周病が多い原因として、
日本はアメリカやスウェーデンのような予防歯科先進国と比較して、
歯のケアに対する意識の低さがあるという。

「日本の場合、歯科医院に通う目的は『虫歯治療』ですが、
アメリカやスウェーデンでは、
『予防』のために通院するのが一般的。

歯周病を防ぐには、
歯間ケアが非常に大事なのですが、

デンタルフロス(糸ようじ)使用率が
アメリカ60.2%、スウェーデン51.3%だったのに対し、
日本は19.4%と極端に低い。

この要因として考えられるのは、
日本では歯科で歯のケアに関する
適切な指導を受けていないことが大きいと思います。

ほかにも、アメリカとは違って、
日本は国民皆保険制度で、
病気になっても国が治療費を負担してくれる
という考えが当たり前になっているため、
歯科予防がおろそかになっていることも原因と言えそうだ。

では、口臭予防についてはどうだろうか?

やはり歯周病予防を優先すべきです。
日本人は歯磨きしていれば十分だと思っていますが、
それだけでは必要な分の6割程度しかきれいになっていません。

残りの部分をカバーするために、
デンタルフロスや歯間ブラシを使い、
歯の間に残っている食べかすや歯垢を取り除きましょう。

また、口臭対策として大事なのが唾液。
唾液には口内の洗浄・殺菌・コーティング作用などの効果があるので、
食事の際、ゆっくり咀嚼して、分泌を促すことも大切なのです。

情報源: 外国人が「日本人の口臭はひどい」と思う原因 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン