神経を取ったのに、なぜ痛むのか

よく質問されるのが、
「神経を取ったのに、なんで痛いの?」

むし歯が深くなり、しみる・痛むのを防ぐため、
神経を取る処置をします。

ここで取る神経は、歯の中の神経だけです。
歯のまわりの神経は残っています。

神経を取った歯は
むし歯で痛んだり、しみることはありません。

ただし、歯の周りの神経は残っているので、
歯根の先が化膿したり、強く噛み過ぎたりすると、
痛みを感じます。

この症状が進行して悪化すると、
歯を失うことにつながります。
早めに処置をしましょう。