歯科におけるX線撮影と人体への影響

100 mSv 発がんのリスクが0.5%高くなる

—————
7.5 mSv フィンランドの自然放射線(年間)

2.09 mSv 日本の自然放射線(年間)

0.1 mSv 日本~サンフランシスコ間飛行機での移動

0.01~0.02 mSv 歯科X線撮影

歯科でのX線撮影を連続して
5,000~10,000回撮影すると
発がんのリスクが高くなりますが、
そんな場合は絶対にありません。

もちろん、
被曝量の少ないデジタルレントゲンで
必要最小限の撮影、
X線防護エプロンを用いることで、
被曝量削減、他の部位への放射線防護を徹底しています。

レントゲン撮影について

診断用X線は放射能(放射性物質)と違い、
体内に残りません。

レントゲンを毎日、1~2回撮影しても、
身体に影響を与えることはありません。
(毎日歯科に通う方もいませんが)

萬代歯科では、
被曝量の少ないデジタルレントゲンで、
防護エプロンを使って撮影しています。

診断・治療にはレントゲンが欠かせません。
安心してレントゲン撮影を受けて下さい。