4/17

100417

しっかり噛める20本以上の歯を保っていれば、
おいしく食べることができ「健康長寿」につながります。

いくつになっても口から食事をとり、自分の歯で噛むことは、
充実した生活を送るためにも大切なことです。

そのためにも、気軽に相談できる「かかりつけ歯科医」を持ち、
年に数回はお口の中をチェックしましょう。

(毎日新聞広告より)

8020運動

8020(はちまるにいまる)運動とは
「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

これまでの研究結果から歯周病の予防啓発、
毎日の歯や歯ぐきのチェックや正しいブラッシングの指導、
歯間清掃用具の使用の推奨など、様々な活動を進めてきました。

今年はこの運動の20周、
成人がもっている28~32本の永久歯のうち、
少なくとも20本の歯があれば、
ほとんどのものをしっかり噛んで食べられることがわかっています。

高齢になっても美味しく食べて、楽しく話せることから、
毎日を明るく健康に過ごすことができると考えられているのです。

この運動は平成元年から、
厚生労働省と日本歯科医師会が中心となって進めてきたものです。

歯を失う最大の原因となる年にあたり、
現在では「8020」の達成者は2割を超え、
80歳での平均残存歯数も4.0本から8.9本まで伸ばすことができました。

「8020」を達成するためには、大人はもちろん、
子どもの頃からの正しい食生活や歯磨きなどの習慣がとても重要です。
歯科医師や歯科衛生士とよく相談して、自分の歯を大切にケアしましょう。

日本歯科医師会HPより

8020

参加者募集!!

いい歯の8020コンクール募集期間 平成21年6/1(月)~9/5(土)

応募資格
・三重県在住で、昭和4年11月5日以前に生まれた方。
・20本以上歯があり、全身的に健康な方。

お申込み方法
・お近くの歯科医院(歯科医師会会員)
・三重県歯科医師会 (TEL 059-227-6488)

表彰
1次審査・2次診査を行い、優秀者の方を
平成21年11月8日(日)に行われる
第14回三重県歯科保健大会で表彰いたします。

 

80歳で歯が20本以上ある方にお知らせ頂けると幸いです。

歯の本数、健康に比例

脳神経疾患の人ほど残り少ない傾向
 
アルツハイマー病など脳神経の疾患を抱えている高齢者ほど、
残された歯の数が少ないことが県歯科医師会の調査でわかった。

同会は「健康を維持するためには、歯を大切にし、
しっかりかんで食べることが大切」と呼びかけている。

食べ物をよくかむと、脳の血管が刺激されて血流量が増えるため、
脳細胞の働きが活発化され、認知症予防につながり、
つばに含まれる老化を抑制するホルモンの分泌も多くなるという。

調査では、歯が多く残っている人ほど
身体の病気に費やす医療費が少ないこともわかった。

(2009年4月23日 読売新聞より抜粋)

 

今日の頂き物
おいしい!!ありがとうございます ( ´∀`)つt[]
えひめ つぶみかんいよかん混合ジュース

8020で健康長寿

80歳で自分の歯を20本以上残そうという
「8020(ハチマルニイマル)運動」を始めた愛知県が、
初年度に表彰したお年寄りの“その後”を調べたところ、
平均寿命は90歳を超え、元気で長生きだったことが確かめられた。

90歳以上まで生きた人は70%、100歳を超えた人も10%いた。
死亡時の平均年齢は男性91・0歳、女性92・7歳。
死因は、男女とも老衰がトップで、男性で24%、女性では52%を占めた。

8020運動は、自分の歯でよくかんで栄養を摂取することが
健康長寿につながるとして、同県が提唱し、全国に広がった。

(2009年2月6日 読売新聞より抜粋)

萬代歯科では、健康な人生を送っていただくために、
メインテナンス(定期健診)をお勧めしております。