親知らず

親知らずの抜歯が続く。

以前から虫歯の上の親知らず。
虫歯がボロボロと削れて、つかむ所がなくなってくる。
すこし大変でしたが、何とか抜けました。

すでにかなり痛みのある下の親知らず。
薬を飲んで、落ち着いてから抜歯をすることが通常ですが、
クライアントの希望もあり、抜歯に。

前の歯とぶつかっているので、
歯の頭を切断して、抜歯。
こちらは結構すんなりと。

視診、レントゲンで予測はするのですが、
簡単だったり、難しかったり。
抜いてみないとわからないことも・・・

親知らずは早めに抜くことをおススメします。

親知らず

お口が小さい方の親知らずに苦戦。
なかなか器具が入りづらかったですが、
頑張って頂いたので、無事抜けました。( ´∇`)=3

親知らずがかなり深く、
神経や血管に近い場合は、
口腔外科専門病院を紹介させて頂きます。

 

診療後、鈴鹿歯科医師会の公衆衛生委員会に出席。
母と子のよい歯のコンクール、
歯の衛生週間の事業、について協議。

 

今日の頂き物 m(_ _)m
鈴鹿市中旭が丘 タンプルタン
0428

 

抜歯後の注意事項

抜歯

親知らずやひどく悪化した歯を、
抜歯することがあります。

半日~1日程、唾に血が混じることがありますが、異常ではありません。
ジワジワと出血するようであれば清潔なガーゼを10分ほど咬んでください。
出血が多く、止まらない場合はご連絡をお願いします。

抜歯当日は強くうがいをしないで下さい、治りが悪くなります。
激しい運動、熱いお風呂などはやめてください。
お薬が出た場合は、指示通りに内服をお願いします。

飲酒・喫煙を避け、硬い物・刺激物は食べないようにし、
歯磨きは抜歯部を避けて、通常通り行ってください。

心配なことがあればお電話ください。