安心・安全の歯科医療

日本歯科医学会・三重県歯科医師会主催の学術講演会に。

持病のある方の歯科治療、
口腔ケアの大切さ、
抜歯時の注意点
などについて勉強。

歯は健康のバロメーター。
歯がしっかりしているほど、健康に過ごせます。

骨粗鬆症のお薬を飲み始める前に、
歯科検診を受けましょう。

ソケットプリザベーション

保存が難しく、やむなく歯を抜くことになった場合、
抜いた部分に穴があいて、凹んでしまうことがあります。

そうなると、アゴの骨が減ってしまって
インプラント治療が困難になることも。

抜歯した穴を保護し、アゴの骨をできるだけ保存するように、
人工の骨補填材やコラーゲンスポンジを
抜歯した穴に入れる方法を、
ソケットプリザベーションといいます。

できるだけ自分の歯を長持ちさせることは大切ですが、
抜いた後に、インプラントや入れ歯を入れるならば
状態の悪い歯は長期間放置せず、
早めに抜いたほうが良いこともあります。

テルプラグ

親知らず

親知らずの抜歯が続く。

以前から虫歯の上の親知らず。
虫歯がボロボロと削れて、つかむ所がなくなってくる。
すこし大変でしたが、何とか抜けました。

すでにかなり痛みのある下の親知らず。
薬を飲んで、落ち着いてから抜歯をすることが通常ですが、
クライアントの希望もあり、抜歯に。

前の歯とぶつかっているので、
歯の頭を切断して、抜歯。
こちらは結構すんなりと。

視診、レントゲンで予測はするのですが、
簡単だったり、難しかったり。
抜いてみないとわからないことも・・・

親知らずは早めに抜くことをおススメします。

Astronaut

スペースシャトルも無事打ち上げられました。

宇宙飛行士も虫歯予防

宇宙飛行士になるためには、
宇宙に行って歯が痛くなった時のために、
抜歯の訓練があるそうです。

宇宙船の抜歯セット

宇宙での抜歯ですか・・・
いままであったんでしょうか?

ちなみに総入れ歯では宇宙飛行士NGらしいです。

抜歯後の注意事項

抜歯

親知らずやひどく悪化した歯を、
抜歯することがあります。

半日~1日程、唾に血が混じることがありますが、異常ではありません。
ジワジワと出血するようであれば清潔なガーゼを10分ほど咬んでください。
出血が多く、止まらない場合はご連絡をお願いします。

抜歯当日は強くうがいをしないで下さい、治りが悪くなります。
激しい運動、熱いお風呂などはやめてください。
お薬が出た場合は、指示通りに内服をお願いします。

飲酒・喫煙を避け、硬い物・刺激物は食べないようにし、
歯磨きは抜歯部を避けて、通常通り行ってください。

心配なことがあればお電話ください。

歯が抜けたままにしておくと・・・

虫歯や歯周病が悪化し、
抜歯するしかない場合があります。
歯を抜いた後は放置してはいけません。

歯が抜けたままにしておくと、
隣の歯が傾いたり、反対の歯が伸びて、
かみ合わせが悪くなる

かみ合わせが悪くなると、
アゴの関節や全身に悪影響を及ぼします。

残りの歯や全身の健康を保つために、
ブリッジ、入れ歯、インプラントなどで
歯を入れる必要があります。

※かみ合わせに関係のない歯は、
抜いても歯を入れる必要はないでしょう。