口呼吸

口呼吸(こうこきゅう)は、
読んで字のごとく、口で呼吸することです。

口で息をすると、お口の中が乾燥し、
唾液の洗浄作用や酵素作用が失われ、
歯肉の炎症が起きたり、むし歯になったりします。

慢性的な口呼吸を治すには、
口の周りの筋肉を鍛える装置が有効です。

花粉症の時期なので、
一時的に口で呼吸する方も多いことでしょう。

また、お薬の作用でお口が乾きやすくなることもあります。
こまめに水分補給をし、お口を潤してください。