歯性上顎洞炎

鼻の横、頬の奥に頭蓋骨の空洞があります(上顎洞)。

ここに炎症が起きると上顎洞炎、
いわゆる蓄膿(ちくのう)症になります。

上顎洞炎には、
鼻が原因のものと、歯が原因のものがあります。

上の奥歯のむし歯がひどく進行したり、
歯根の治療が悪かったりすると、
上顎洞に炎症が起きて、
ひどくなると膿がたまってきます。

歯を抜いたり、上顎洞の手術が必要になることも。

上の奥歯に限ったことではないですが、
毎日のケアでむし歯予防が大切です。

むし歯になってしまった場合は、
きちんと治療を受けましょう。