11/5

今日は、むし歯がかなり進んで
歯の神経までむし歯菌が達しており、
歯の神経を取る治療が多かったです。

自覚症状が出てからでは遅いので、
定期的な検診、クリーニングに
来られることをおすすめします。

原因があって悪くなるので、
歯の清掃方法や糖分摂取など
改善していただかないと、
またむし歯になってしまいます。

お口の健康を長く維持するには
治療を受けられる方の協力が必要です。

%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%81%95%e3%82%9302

12/6

年をとったら歯が悪くなるのが当たり前、
と考えられている方がまだまだ多い。

定期的に歯科医院でケアを受けていれば、
そんなことはないのです。

痛くなった時に治療するだけでは、
お口の健康は保てません。

お口のメインテナンスに
ぜひお越しください。

インプラントペースト

インプラントのメインテナンス用ペーストを購入。

インプラント修復物を変化させる
フッ素や粗い研磨剤が含まれていません。

インプラントは長く使ってもらって、
成功したといえると考えています。

そのためには歯科医院での
定期的なプロフェッショナルケアが欠かせません。

DREAM

むし歯の数が減ってきているとはいえ、
まだまだ先進国には追いついてません。

歯周病も8割の方がかかっているとされていますが、
実際に治療を受けられているのは数%ほど。

歯を削ったり、抜いたりしたくはないですが、
むし歯が進行して痛くなるのを防いだり、
炎症が広がらないように治療をしています。

しかし、できれば治療をせず、
健康な歯を維持することが1番です。

お口の状態により3~6か月程度の
定期的なメインテナンスで歯を長く保つことができます。

治療せず、検診・清掃が当たり前になるよう
皆さまに説明させて頂いてます。

怖い歯周病

来院してくださった方が
最近見たTVで、歯周病が怖い、と。

98%の人が毎日歯みがきをしていますが、
8割の方が歯周病にかかっています。

4~8時間で磨き残した汚れが固まって、
歯ブラシでは落ちなくなります。

何も症状がなくても、
定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが必要です。

歯周病の治療

歯周病はガイドラインに沿って、
保険で治療ができます。

まず検査を行い、
(問診、レントゲン、お口の写真、歯周ポケット検査など)
歯磨き方法の説明や歯石の除去を行います。

歯石の除去は、歯石の付き具合によって
何回かかることもあります。

歯グキの中の深いところにある歯石は、
麻酔をしてから除去する場合もあります。

歯周病は始めは症状がなく進行します。
歯がグラグラ、歯グキが痛むなどの症状があると
歯周病がかなり進行していることが多く、
定期的な検診、歯石の除去をオススメします。

アフターケア

歯科はアフターケアが大切です。

つめ物、かぶせ物、入れ歯が入った後、
歯周病の治療がいったん終わった後など、

その時が一番良い状態ですが、
時間が経つうちに、いろいろトラブルが出てきます。

なるべくトラブルが出ないように、
歯科医院での定期的なメインテナンスをおすすめします。