ナイトガード

つめ物がよく外れる、
という方も多くおられます。

むし歯になって外れたり、
咬む力によって外れることも多いのです。

そんなに咬んでないけど、という方が多いのですが、
ご自身ではなかなか気づきません。

歯が直線的にすり減っていたり、
朝起きた時の顎や歯の違和感、
日中、仕事中の歯の接触癖で
頬や舌に歯型がついていたりすると、
咬む力が過大にかかっている可能性大です。

何回もつめ物・かぶせ物が外れてくる方は
ナイトガード・マウスピースを使ってみて下さい。

高価な治療後の方にもおすすめしています。

8/25

マウスピースを作るのが
簡単になる装置を購入。

スプリントシステム

セラミックのビーズの上に、
歯型をのせて、
マウスピースを作ります。

歯の角度によって
マウスピースを作る方向を
変える必要があるのです。

7/21

朝起きると、頭が痛む。
耳のまわりが痛い。

寝ている時の噛みしめか食いしばりで
痛んでいるようだ。

歯への負担を減らすマウスピースを
寝る時に着けているけど、
何年か使ってるうちに、
だいぶすり減ってきたみたい。

そろそろ新しいのを
作らなければ…

150721

睡眠時無呼吸症候群

我が国における睡眠呼吸障害の患者数は
およそ2000万人以上とされ、
約10%が睡眠時無呼吸症候群といわれています。

症状としては、いびき、昼間の眠気があり、
歯科での治療法はスリープスプリントがあります。

寝ているときに着けるマウスピースで
気道を広くし、呼吸しやすくします。

お医者さんで診断された方は、
紹介状をお持ちくだされば、
保険でスリープスプリントが作れます。

ブラキシズム

むし歯や歯周病だけでなく、
噛む力で歯が痛くなることもあります。
その原因は咬む力。

特に寝ている時の歯ぎしり、咬みしめ、食いしばりは
起きている時よりも、咬む力が強かったり、
長時間にわたり咬む力が歯に加わっています。

そして、歯が磨り減ったり、
かぶせ物が壊れたり、
ひどくなると歯が割れて、抜歯になることも。

自分はそんなことないよ、と言われる方も多いのですが、
特に、かみしめ、食いしばりタイプの方は
歯ぎしり音がしないので、他人にもわかりません。

歯ぎしりなどは、日常のストレスが関係しており、
止める方法はないので、咬む力を分散させる必要があります。

左の図は奥歯に強い力がかかっていますが、
マウスピースを入れると、右の図のように、
咬む力が分散されます。

マウスピース&ナイトガード

噛みしめ・食いしばり・歯ぎしりなどで、
歯が痛む方が多く、

寝る時に装着するマウスピース・ナイトガードを
作る機会が増えてきました。

装置がきついと違和感があるし、
緩いと外れてくるので、
新しい素材を取り入れてみました。

かみ合わせの部分は硬く、
装着する部分は柔らかい素材です。

ご自身では、歯ぎしりや噛みしめは
分からないことが多いので、
症状によって装置を作り分けています。

6/23

ダブルスキャン用ワックスアップ

歯科技工所さんにオールセラミックについて教えてもらう。
より丈夫で精密なかぶせ物を作るために、
材料の進化も研究されているらしい。

 

ためしてガッテン。
睡眠時無呼吸症候群について。
睡眠時無呼吸症候群

写真は気道を開く作用のあるマウスピース。
いびき防止にもOK。

 

iOS4にバージョンアップ。
新品を買ったみたい。
iPhone4みたいな壁紙にしてみました。

iOS4