ソケットプリザベーション

保存が難しく、やむなく歯を抜くことになった場合、
抜いた部分に穴があいて、凹んでしまうことがあります。

そうなると、アゴの骨が減ってしまって
インプラント治療が困難になることも。

抜歯した穴を保護し、アゴの骨をできるだけ保存するように、
人工の骨補填材やコラーゲンスポンジを
抜歯した穴に入れる方法を、
ソケットプリザベーションといいます。

できるだけ自分の歯を長持ちさせることは大切ですが、
抜いた後に、インプラントや入れ歯を入れるならば
状態の悪い歯は長期間放置せず、
早めに抜いたほうが良いこともあります。

テルプラグ