8/14

むし歯や歯周病を治療することは、
もちろん大事なことですが、

むし歯や歯周病を防ぐように
清掃方法や生活習慣を改善するほうが、
より重要です。

むし歯や歯周病が進行した時と
同じ清掃方法や生活習慣では、

しっかりと治療しても、
また悪くなってしまいます。

失った歯や歯グキは
元にもどりません。

「また虫歯になった」
「治療は痛い」
と言われる方もいますが、
すべて自己責任です。

他の人がむし歯を作っている
わけではありません。

治療を繰り返すのか、
歯を長持ちさせるのか、
選択するのはあなたです。

11/5

今日は、むし歯がかなり進んで
歯の神経までむし歯菌が達しており、
歯の神経を取る治療が多かったです。

自覚症状が出てからでは遅いので、
定期的な検診、クリーニングに
来られることをおすすめします。

原因があって悪くなるので、
歯の清掃方法や糖分摂取など
改善していただかないと、
またむし歯になってしまいます。

お口の健康を長く維持するには
治療を受けられる方の協力が必要です。

%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%81%95%e3%82%9302

学校保健統計調査

学校保健統計調査
平成27年度調査結果

三重県の5~17歳のうち、6歳以外は
むし歯(処置済も含む)が
全国平均より多い結果です。

むし歯は一旦治療しても、
清掃方法・糖分摂取を改善しなければ
再発するむし歯菌感染症です。

「治療したのに、またむし歯になった。」
と言われる方もいますが、
原因はむし歯になる環境が
変わっていないからです。

とえらそうに書いている自分も、
大学生になるまでまったく
歯に興味もなかったので、

なかなか児童・生徒さんは自分で
歯の大切さを理解するのは難しいと思う。

保護者や学校の先生方の協力を得て
むし歯予防に尽力したい。

親知らずは…

レントゲンでは、
歯や骨がグレー、つめ物が白、
何もない所が黒く映ります。

歯の中の神経も黒く映っています。

最近1ヶ月以内に、親知らずが痛むと来院された方々。
横向きに埋まっているのが親知らずです。
しかし、実際に痛んでいるのは・・・

手前の歯(右隣の歯)を見ると、
後ろの部分が大きなむし歯(黒い部分)になり、
歯の神経を侵して、ズキズキと痛んでいるようです。

むし歯がここまで進んでしまうと、
神経を取らなければなりません。

親知らずと手前の間が磨けないので、
むし歯が進行してしまったようです。

隣の歯のためにも、
横向きの親知らずは早めの抜歯をおすすめします。

いい歯の日

三重テレビで「歯チカラ」を観る。

12歳児のむし歯本数は、
三重県はワースト3位。

一生を共にする歯を健康に保つため、
三重県と歯科医師会の活動が紹介されていました。