睡眠時無呼吸症候群

我が国における睡眠呼吸障害の患者数は
およそ2000万人以上とされ、
約10%が睡眠時無呼吸症候群といわれています。

症状としては、いびき、昼間の眠気があり、
歯科での治療法はスリープスプリントがあります。

寝ているときに着けるマウスピースで
気道を広くし、呼吸しやすくします。

お医者さんで診断された方は、
紹介状をお持ちくだされば、
保険でスリープスプリントが作れます。