11/30

11月も終わり。

開業して丸2年。

通院してくださった方の健康に
少しは役立っているかな。

より多くの方々に
歯の大切さを分かって頂くために
まだまだ頑張らないと。

顎関節脱臼

アゴがはずれることを顎関節脱臼といいます。

口が閉じれなくなるので、
食事したり、話にくくなります。

多くの場合、外れやすい方は戻しやすいです。

口腔外科の研修医時代に学んだ整復術が
ひさびさに役に立ちました。

11/27

前の道路で事故が多い。
見晴らしのいい直線道路ですが。
お気をつけください。

11/24

鈴鹿歯科医師会の医療安全講演会へ。

強毒性の鳥インフルエンザのパンデミックについてと、
歯科衛生士さんの診療補助について。

歯科衛生士は歯科医師の指導のもとであれば、
常識的な範囲内(?)であれば、
どんな診療行為をしてもOKとのこと。

常識って何だ。
きちんと決めてよ。
決めないほうがいいのか?

 

今日の頂き物
あリがとうございます。

11/23

歯の神経が枝分かれしている所まで
キレイに薬が入ったので記念撮影。

数十分から1時間かけて、歯根の掃除をしても、
100~200円にしかならないことも。

保険のルールだから、仕方ないのですが
正当な治療費にしていただきたいものです。

PPK

不健康期間という言葉をご存知ですか?

平均寿命-健康寿命=不健康寿命で、
日本人なら
男性 77.9歳-71.4歳=6.5年
女性 84.8歳-75.8歳=9年

人生の8~10%を不健康な状態で
過ごさなければいけないのです。

そして、残っている歯の多い方が、
持病も少なく、健康に過ごせることが、
研究で明らかになっています。

歯を失っていても、義歯を入れていれば、
その効果があります。

お口の健康は、全身の健康、
ひいてはQOL(生活の質)に大きく関係しています。

歯の健康だけでなく、人生がより豊かになるよう、
診察にあたっています。