11/5

今日は、むし歯がかなり進んで
歯の神経までむし歯菌が達しており、
歯の神経を取る治療が多かったです。

自覚症状が出てからでは遅いので、
定期的な検診、クリーニングに
来られることをおすすめします。

原因があって悪くなるので、
歯の清掃方法や糖分摂取など
改善していただかないと、
またむし歯になってしまいます。

お口の健康を長く維持するには
治療を受けられる方の協力が必要です。

%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%81%95%e3%82%9302

3/12

半年で検診にみえた方。
お口の中をきれいに清掃されていて、
しっかり治療した甲斐がありました。

治療しているだけでは、
歯を長く持たせることはできません。

検査・クリーニングによる
定期的なメインテナンスが必要です。

歯周病が本当に怖い理由

クライアントに健保組合の季刊誌を見せてもらう。

130116

歯周病菌が全身の健康に害をおよぼすことについて、
わかりやすく書かれていました。

歯周病は初期は自覚症状がなく、
知らない間に進行して重症になり、
歯を失う原因になります。

歯周病が進行し、菌が多くなると、
致命的な感染症になることも。

歯周病を予防するには、
ご家庭でのホームケアと、
歯科医院での定期的な検診、清掃を受けることが重要です。

現状維持バイアス

いま現在、重大な問題が起きていないので、
「まあ、このままでいいか」と考えて
検診や治療を受けられない方がみえます。

歯科、お口の健康に関して言うと、
汚れの放置による歯周病の進行、
以前に治療したむし歯の再発、
歯ぎしり、噛みしめによる歯の磨り減りや
悪い歯並びの放置・歯の移動によるかみ合わせ…

などなど、時間の経過により
お口の状態は悪化していきます。

健康なお口の状態を
長く維持するためにも、
3~6ヶ月に一度はぜひ検診にお越し下さい。

6/30

6月の診療終了。
来院頂いた皆さまに感謝。

今日はメインテナンスの方が多く、
症状の強い方はみえなかったので、
おだやかな1日でした。

定期的に検査、クリーニングを受けて、
健康な歯を保ちましょう。

12/6

年をとったら歯が悪くなるのが当たり前、
と考えられている方がまだまだ多い。

定期的に歯科医院でケアを受けていれば、
そんなことはないのです。

痛くなった時に治療するだけでは、
お口の健康は保てません。

お口のメインテナンスに
ぜひお越しください。