難抜歯

歯周病などでグラグラになった歯は、
抜くのは簡単です。

それに対し、むし歯で悪くなった歯は、
ボロボロと崩れてきて、
抜くのがすごく大変な時があります。

歯を抜くのに
周りの骨を削って抜くのですが、

骨が少なくなってしまって
その後の入れ歯やインプラントに
不利になる場合があります。

無理に残すのではなく
将来のことも考えて、
早めに抜歯するのも
ひとつの手段と言えるでしょう。

インプラントレスキュー

インプラントメーカーと相談。

ストローマン

インプラントも自分の歯と同じく、
トラブルにみまわれることもあります。

基本的にはインプラント手術を受けられた
歯科医院で対応してもらうのですが、

その歯科医院が廃業していたり、
遠方で通院できない等の場合、
検査・説明・同意の上で、
処置を行うことも可能です。

インプラントのメーカーもたくさんあるので、
まずはどのインプラントが入っているのかを
特定しなければいけません。

使われている部品も無数にあるので、
メーカー担当者や歯科技工所と相談しながら、
処置をすすめていきます。

10/24

今日はインプラント手術。

ボーンスプレッダー

「入れ歯でもよいのでは?」
とお伝えしたのですが、
どうしても入れ歯が嫌だと。

残りの歯の本数が少なく、
ブリッジでつなぐことはできません。

顎の骨が細かったのですが、
専用の器具で骨を広げて、
人工の骨を足して、
インプラントを入れることができました。

インプラント

安心・安全・満足

インプラント治療とは、
歯が抜けたところに
人工歯根(インプラント)を埋め込み、
その上に人口の歯をかぶせることで、

歯の機能を回復させるだけでなく、
自然な歯並びをよみがえらせる治療です。

インプラントレスキュー

最近、インプラントの不具合で来院される方がちらほら。

インプラントメーカーはたくさんあって、
使う器具などシステムが違うので意外と大変。

今日もメーカーの方に懇切丁寧に教えて頂きました。
しっかりとしたかぶせ物ができそうです。