10/24

今日はインプラント手術。

ボーンスプレッダー

「入れ歯でもよいのでは?」
とお伝えしたのですが、
どうしても入れ歯が嫌だと。

残りの歯の本数が少なく、
ブリッジでつなぐことはできません。

顎の骨が細かったのですが、
専用の器具で骨を広げて、
人工の骨を足して、
インプラントを入れることができました。

インプラント

安心・安全・満足

インプラント治療とは、
歯が抜けたところに
人工歯根(インプラント)を埋め込み、
その上に人口の歯をかぶせることで、

歯の機能を回復させるだけでなく、
自然な歯並びをよみがえらせる治療です。

インプラントレスキュー

最近、インプラントの不具合で来院される方がちらほら。

インプラントメーカーはたくさんあって、
使う器具などシステムが違うので意外と大変。

今日もメーカーの方に懇切丁寧に教えて頂きました。
しっかりとしたかぶせ物ができそうです。

歯を支える骨

歯ぐきの中には骨があって、
歯を支えています。

歯に汚れが残っていると炎症を起こして、
歯を支える骨がやせてきます。
これが歯周病です。

また、歯を抜けたまま放っておくと、
どんどん骨がやせてきて、
入れ歯が合わなかったり、
インプラントができなくなることもあります。

おなかの脂肪で歯茎再生…阪大グループが臨床へ
こんなことが簡単にできればいいのですが。

定期的に歯のお掃除を受けて、
歯ぐきをしっかりと保ちましょう。

歯を抜くことになった場合は、
インプラントにされるのが、
歯を支える骨の吸収が少ないです。

2/20

できることなら、歯を削りたくないのですが、
これがないと治療ができないので、
良い物を買おうと検討中。

インプラントのシミュレーション。
インプラントを長持ちさせるには、
CT撮影してからの検討が欠かせません。
オペの日も安心。