2/6

むし歯を長い間放置されていて、
すごく痛むと来院された方。
しかも親知らず。

何とか痛みだけでも
止めてあげようとするが、
ぜんせん麻酔が効きませんでした。

歯や歯グキの炎症がひどくなると
麻酔が効きにくくなります。

早めに来院して頂いたほうが、
楽に治療できます。

マタニティ歯科の重要性

妊娠による女性ホルモンの増加により、
一時的な歯肉の腫れがみられることがあります。

重度の歯周炎になると
早産や低体重児出産のリスクが高まると
報告されています。

妊娠前期にはつわりによる嘔吐で
酸蝕歯になることがあり、
栄養不足で赤ちゃんの歯の形成が
阻害される場合があります。

吐き気などの症状がみられる場合は、
下を向いて前かがみになり、
だ液をためないようにして、
ブラッシングしましょう。

妊娠後期には食事は少量で回数が増えるようになり、
口腔内の環境が悪化しやすくなります。

お母さんのむし歯、歯周病菌が赤ちゃんにうつるので、
お母さんご自身の口腔ケアがとても大切です。

妊娠5~8ヶ月は一般的な歯科治療も可能で、
主治医の許可があれば親知らずの抜歯も可能です。

鈴鹿市の妊婦健診が始まり、
健診を受けられる方が増えてきました。
ご自身と赤ちゃんのためにご来院ください。

Candy

乾燥する季節、
飴やミントタブレットをなめる方も多いでしょう。

砂糖の入った物をなめ続けていると、
むし歯のリスクが激増します。

もし舐めるなら、
ノンシュガー・シュガーレスの物をおすすめします。

キシリトールタブレット

キシリトールは食べ過ぎると、
お腹がゆるくなるので注意。

ガムの咬み過ぎで歯や顎を痛める方も多く、
僕はキシリトールタブレットをおすすめしています。

口臭をごまかすのにガムやタブレットは
おすすめしません。
歯科や内科で原因を除去しましょう。

学術講演会

超高齢社会になったわが国ですが、
健康寿命の延伸のため、
治療から予防へのシフトが望まれます。

ライフプランに応じた修復処置と歯の長期保存

”ライフプランに応じた修復処置と歯の長期保存”
とのお題で、様々な歯の問題について勉強してきました。

歯をながくもたせるには、
何も症状がなくても
6ヶ月に1度の定期検診をおすすめする、
とのことでした。

むし歯の診断

歯科医師の裁量権というのもあるのですが、
やみくもに検査・診断・治療をしているわけではなく、
ガイドラインに則って診療しています。

う触の診断にはどの検査法が有効か?

(う触治療ガイドライン第2版より)

穴が開いているむし歯は、
見たり触ったりでわかります。

穴が空いていない、かくれむし歯は
レントゲン検査を併用することが、

強い科学的根拠があり、
行うよう強く勧められています。

※レントゲン検査を希望されない方に
強制的に押し付けるものではありません。

より精度の高い診断をするために、
レントゲン検査が必要なことを
ご理解ください。