分割抜歯

歯根を治療する器具が中で折れ
感染が大きく広がって、
歯根の治療では治らない状態でした。

歯の半分は残せそうだったので、
感染している半分を
切断して抜歯しました。

歯を抜くこと

抜歯は同意を得てから行いますが、
抜くべき時に抜かないと、
抜歯するのがより困難になります。

炎症が隣の歯や骨に広がったり、
骨を削らないと抜けなかったり、
妊娠や持病で抜歯がしにくいなど…

無理に残しても、
その歯が機能しないと
残す意味がありませんし、

歯を抜くことで、
他の部分が悪化することが
防ぐ効果もあるのです。

ASAP

午前中に事故、転倒による急患の方が2名。
幸いお二人とも唇の軽傷で良かった。

お口の傷はなかなかわかりにくい。
受傷された場合は可及的速やかに
診せていただきます。

抜歯後の症状

・出血
唾液に混ざりたくさん出たように感じますが、
ジワジワ出血する場合は問題ありません。
半日~1日で止血することがほとんどです。

口の中にドクドクと溢れだす場合は
すぐに受診してください。

・痛みや腫れ
抜いた傷ができるので、多少痛みはあります。
3~4日が炎症のピークなので、
鎮痛剤で痛みを抗生物質で炎症を取りましょう。

骨がむき出しになると、(ドライソケット)
2~4週間痛みが続く場合もあります。
抜歯部の洗浄や軟膏の塗布を行います。

他にも抜歯後の症状はありますが、
心配な場合はご連絡ください。

親知らず

今日は比較的簡単な
上の親知らずの抜歯×2。

親知らずのむし歯は
治療することもできなくはないですが、

きれいに磨くことができない場合は、
早めに抜いた方がいいでしょう。

親知らず

150918

親知らずはトラブルの元なので、
完全に埋まっている以外は
抜歯をすることにしています。

親知らずの歯根が完成する前に
抜歯をすると抜きやすく、

神経や血管からの距離もあるので
安全に抜歯することが可能です。

深く埋まっている歯や、
神経や血管に近いなど
抜歯が困難な場合は、

上手な先生のいる
口腔外科病院へ紹介させて頂きます。