学校保健統計調査

学校保健統計調査
平成27年度調査結果

三重県の5~17歳のうち、6歳以外は
むし歯(処置済も含む)が
全国平均より多い結果です。

むし歯は一旦治療しても、
清掃方法・糖分摂取を改善しなければ
再発するむし歯菌感染症です。

「治療したのに、またむし歯になった。」
と言われる方もいますが、
原因はむし歯になる環境が
変わっていないからです。

とえらそうに書いている自分も、
大学生になるまでまったく
歯に興味もなかったので、

なかなか児童・生徒さんは自分で
歯の大切さを理解するのは難しいと思う。

保護者や学校の先生方の協力を得て
むし歯予防に尽力したい。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page