口内炎と似た症状、2週間続けば注意

口腔がん、自分で月1回チェック
口内炎と似た症状、2週間続けば注意
本経済新聞

舌や頬の内側、歯肉などに発生する
口腔(こうくう)がんの患者が増えている。

「口の中にもがんができることを知らない人が多い」。

口腔がんはがん全体に占める比率は2%程度と小さいが、
進行すると命にかかわる病気。

治った場合でも口は飲食や呼吸、
言葉を話すのにかかわる部分だけに、
生活の質(QOL)が低下する恐れがある。

発症の原因になるといわれているのは、
喫煙や飲酒、虫歯や歯並びの悪い部分などが
いつも頬の内側に当たるなど慢性的な機械的刺激。

辛い・熱いといった食事の刺激、ウイルス感染、
加齢なども関係すると考えられている。
特にたばこは影響が大きいとされ、注意が必要だ。

(抜粋)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page