顎関節症の1番簡単な治療法

顔面部筋や顎の痛みを訴える顎関節症患者では
日中の上下の歯の接触あるいはかみしめが多く観察され
(Tooth Contacting Habit:TCH)、

それらの日中の行動が発症リスクになっている場合が多い。
日中の上下歯の接触あるいはかみしめの改善を図ることにより、
顎関節症状が改善することが報告されており、
今後の顎関節症の新しい治療法となる可能性が大きい。

引用元: 顎関節症 | Minds医療情報サービス | 顎関節症のトピックス 2011.

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page