つめ物・かぶせ物の下のむし歯

むし歯の診査には、
目で見る検査とレントゲン検査があります。

目で見て歯の表面に穴があいてないか、
変色してないかを調べ、

レントゲンを撮って、歯の中でむし歯が進行し、
歯が溶けていないかを調べます。

ただし、大きいつめ物・かぶせ物が入っていると、
目で見て、レントゲンを撮っても小さなむし歯はわからない場合があります。
つめ物・かぶせ物を外さないと見つけられないむし歯があります。

治療した所はいつか必ず再治療が必要になります。
自分の歯を長く持たせるには、
毎日のケアと定期的な歯科医院でのケアが必要です。