歯科治療による赤ちゃんへの影響

◯お薬

妊娠中に歯科で炎症を押さえるお薬は、
安全性の高いお薬を用意しています。

痛み止めも比較的安全に使用できる
鎮痛剤を用いています。

どちらも効果が十分に得られると判断した場合に、
最小限で使用する方針です。

◯レントゲン

日本で1年に自然に浴びる放射線は、
大きいレントゲン約50枚、
小さいレントゲン約150枚に相当します。

レントゲンの方向は口の中に向けられ、
防護エプロンも着用するので、

歯科のレントゲンは赤ちゃんへの影響は
無視できるレベルと考えられています。

◯麻酔

いつも使っている麻酔の注射は
通常の2~3本なら問題ありません。
疼痛によるストレスのほうが
母体や赤ちゃんに悪影響があるとされています。

妊娠中期なら一般的な歯科治療は可能です。

できれば、赤ちゃんを考えている方は、
妊娠前に歯科でのチェック、治療を受けることを
おすすめします。