Muscle

筋肉のコリで歯痛、頭痛

「痛む場所に原因があるとは限らない。
ほおの筋肉のこりや肩こりが、歯や歯肉の痛み、頭痛など、
別の場所の痛みとして表れることがある」と説明する。

顔面や頭部の神経系は複雑だ。
目の上、上あご、下あごの3か所に分布する三叉(さんさ)神経は、
中枢神経に入って一緒になり、そこに首の神経も合流する。

合流した神経が様々な刺激で過敏になると、
障害のある部位と別の場所に痛みを感じる混乱が起きやすいという。

治療の基本は、原因を理解して、
ふだんからリラックスを心がけ、筋肉の緊張を減らすこと。

Bさんは、片側でかむのをやめ、時々、口を開けてリラックスするなどの
生活指導と痛み止めで一度治った。
歯ぎしりがひどくなり、あごの関節も痛み出した2年後からは、
歯ぎしり対策のマウスピースを使うことで痛みから解放された。

C子さんも、仕事中の食いしばりに注意するようにし、
症状は改善している。

「性格や仕事の性質なども影響し、
完治は難しいが、習慣を改めることで良くなる」

(2009年3月31日 読売新聞より抜粋)

歯が健康な方ほど、よく咬めるので
歯ぎしり・食いしばりの力がかかりやすく、
歯が磨り減っている方が多くおられます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page