歯を入れる治療

歯を抜いた場合、
咬み合わせを回復する必要があります。

抜いたまま放置すると、
残りの歯が移動して、
咬み合わせが狂ったり、
アゴの関節や全身の状態に
異常をきたすことがあります。

下に歯を抜いた場合の
主な治療法を紹介します。

歯や骨の状況や年齢、
持病、職業などにより、
治療法を選択する必要があります。
ご来院の上、ご相談ください。

ブリッジ

canvas15

抜いた隣の歯を削って
橋(ブリッジ)のように渡す方法です。

噛みごこちも良く、固定式のため
わずらわしくありません。

隣の歯を削る必要があり、
噛みあわせる力の負担がかかります。

入れ歯

canvas16

残っている歯にかける
取り外し式の義歯です。

他の歯はほとんど削らずに、
比較的簡単な治療ですみます。

床の部分がついているため違和感が大きく、
他の方法に比べると噛みごこちに劣ります。

取り外して清掃する必要があります。

インプラント

canvas17

歯を支える骨に人工歯根
(インプラント)を入れる方法です。

隣の歯はまったく削る必要がなく、
ブリッジや入れ歯のように
他の歯に負担がかかりません。

骨と強固に結合するため、
噛みあわせにも問題ありません。

治療に比較的時間がかかますが、
残った他の歯を長持ちさせるには
とても有効な治療法です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page