顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)は、
耳の前にあるアゴの関節(顎関節)が
音がしたり、痛んだり、
口が開きにくくなる等の症状があります。

また頭痛、肩こり、腰痛などを
引き起こすことがあります。

原因は噛み合わせ、歯軋りや食いしばり、
顎の過度の運動、外傷、
ストレスなどさまざまです。

耳の前、こめかみなど顎関節のまわりには
神経、血管、筋肉がたくさんあって、
それらに負担がかかると、
いろんな症状が出ます。

それを和らげるのがマウスピースです。
多くの方に症状が軽くなったのを
実感して頂いています。

顎関節症の治療

canvas20

顎関節症の症状を取るために、
まずは原因の除去ですが、
原因を特定できないこともよくあります。

治療法として、

  • スプリント療法
    マウスピースのような物を装着する
  • 運動療法
    アゴに負担をかけないよう
  • 薬物療法
    鎮痛薬、筋弛緩薬の投与

を施行しております。

症状が重い場合は…

症状が長期間治らない、
あるいは重篤な場合は
大学病院等の専門機関に
紹介させていただきます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page